05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

*はーもにくす*

女の子同士がただいちゃいちゃしてるだけのジャンルがメインです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

らいぶれぽ!③ 

ラスト!

DEATH DEVILのステージからラストまでの感想です。

声優さん愛にあふれてる!(筈
ヘヴィーなギターサウンドが鳴り響く。地面に響く。会場全体をドロドロした闇みたいなのが包み込む…(イメージです)
ステージがガーってカーテン開けるみたいに開く。DEATH DEVIL特設っぽくなってる!スタッフさんすげry
「お前らが来るのを…待っていたァァァァ!!!」
「アサ姉ええええええええええええ!!!!!!!!」
こちらこそ待ってましたよ姉御ぉぉぉ!!フライングVを抱え、DEATH DEVILの衣装をまとったアサ姉が登場!
クリスティーナ役の悠さんもギターを抱えて登場。残り二人のDEATH DEVILメンバーもしっかりいる!ベラとジェーン!
会場も紫のサイリウムだらけになる。
そして「Maddy Candy」始まる。さっそくヘドバン始める私。
超イケボイスで見事に歌ってくれたアサ姉。表情から何から。もはやリアルさわ子です。最高です。たまらない。
ヘビメタとかあんま聴かないけどね!てかデスメタルは苦手ジャンルなのにアサ姉にかかればこの通りです。ぶんっぶんヘドバンかます。
多分隣の男の人ヒいてたんじゃないかなってぐらいヘドバンしながら「アサ姉!」とか「さわ子!」とか騒いでた。
ギュインギュイン響くギターサウンド。アサ姉のタッピング、歯ギターのパフォーマンス。めっちゃ似合うwwどうしようww
弾いてない筈なのに…弾いてない筈なのにフライングV似合いすぎ!
Maddy Candyが終わって、アサ姉のMCが入る。カッコよすぎる…カッコよすぎる…///
「声が小せーんだよォ!」っていう悠さんも超イケメンすぐる…///
キュンッキュンしてた。DEATH DEVILなのにw
アサ姉の「愛してるぜ!」がヤバすぎた。つい私も「アサ姉愛してるよぉぉぉぉっっ!!!」って叫んでしまった…でもホントだし!愛してるし!
そのままのノリで始まった「ラヴ」もちろんヘドバン再開。
リウム吹っ飛ぶんじゃないかってぐらいにヘドバンしてました。息切れ切れ。もう死にかけてた。
慣れないヘドバンしたせいで、曲終わるころにはぐったり。流石に席につく私。
というか会場もどんどん座っていくwwwみんな疲れたんだろうよ。

そんな空気を読むように、声優さんたちがでてきて机に座る。いや…机に座るっていうか、席につくっていうか…。
みんな台本を手にして、ミニドラマが始まる。
議題は「ひらがなの「の」と「ゆ」のどっちが可愛いか」というぶっ飛んだ内容。マジww平沢さんwww
それから、むしろ平仮名可愛いよねって話をしているHTT。
逆にカタカナにすると固くなるよねって話。
「ふわふわ時間」→「フワフワ時間」とかww固いwwたしかにふわふわしてねえw
そこにサブズ登場。
和「唯、何してるの?」 
唯「いまね、平仮名って可愛いよねって話してたんだぁ」 
和「そうなんだ、じゃあ私生徒会いくね」
会場爆笑wwwwwwwww生「生徒会いくね」が聴けて妹も私も大興奮www超満足ですwwwごちそうさまです知夏さんwww
必死に止める唯。居座ることになる和ちゃん。
で、また平仮名トーク。純ちゃんの「いつ練習してんの…」って…そっか、直接こういうとこに居合わせることあんまないかんなー純ちゃん。まじめな子なのねはすはす^p^
「デスデビル」→「です♡でびる」
とか、ひでえなwwとか思いながらきく。
一番ひでえのは「さわ子」→「鎖輪固」でしたwというか変換するのめんd(ry
とかなんとかやってるあいだにDEATHDEVILのお二人登場~。ロックがなんたら言ってる間にきて勘違いモード突入。焦るHTTの面々。
おどおどしながらりっちゃんと唯が「ロックのお話じゃなくって、ロックを平仮名に~…」とかどうたら言ってクリスティーナが吠える!
「てめえらロックなめてんじゃねえよ!!!」
ビビるみんな。でもへらへら笑いだす。「後輩をからかいたかったのよ~」
「それよりあんたたちの演奏が聴きたいな」
の一言で、HTTが演奏する事になる。
純「澪先輩のプレイが間近で…!」
澪になりてえ…澪になりてえ…!!!俺を澪にしてくれ、歌うから、ベースやるから、左利きになるから。一生のお願いだ
とか思いながら、サブズは舞台袖にひっこむ。

楽器を持ったHTT。「今から生で演奏します!」湧きあがる歓声。
第一曲目は「ぴゅあぴゅあはーと」!
レフティ用ベースを手にしたぴかしゃが弾く!歌う!すっげえええええなんでできんだ…
ここまで来るのにどれだけ練習したんだろう…。とか思いながら…。
あやちに至っては手にサポーター巻いてるんですよ!頑張りすぎだよ…あやち…(´;ω;`)グスッ
演奏も歌も完璧。気持ちがこもった演奏に涙がにじむ。

二曲目は「U&I」
ボーカルが愛生ちゃんに変わる。ギターをチャカチャカ鳴らしながら、U&Iを歌う愛生ちゃん。
これ、どんな気持ちで円ちゃん聴いてるのかな…というか、どんな気持ちで憂は聴いてるんだろう。って考えたらまた涙が…!
どんだけ泣かせにかかるんだ!

と、微妙な気持ちになりながら終わる。そうするとHTTのみんなが楽器を置き、映像が流れる。
卒業式。学祭。楽しそうなHTTの面々の画像。そして、泣き顔。
「天使にふれたよ!」の前奏フレーズが流れ始める。ここまでされたら…私は…私は…。
愛生ちゃんが歌い出す頃には、サイリウムを振れていませんでした。
あふれる涙をどうすることもできない…CDで聴いた時…というか卒業式!で聴いた時も相当ヤバかったのに、こんな状況で、あんな素敵な演奏聴かせてくれたあとで、
こんな曲やるか…?普通……。泣かないわけないでしょ…。タイミング考えろよ…ぉ…。
とか思いながら、ごしごし目をこする。ボロボロ泣く。こんなに泣いたのは久しぶりだったから涙の止め方が全然わからない。
サイリウムを振ることで気を紛らわすけど。みんなの声が心にずんずん響く。頭にひたすら、自分の心に残ってる数々のシーンのフラッシュバック。
みんなの笑顔だとか、なんだとか。日常風景さえ切ない光景に見えて…余計あふれる涙。もうサイリウム振ってない。
「ユニゾンで歌おう」
…ここだね。ぼろぼろでした。もう本当にヤバかったw思い返すとなんであんな泣いたんだ私はww泣きすぎだろwww
この時だけ、梓がすっごく愛しかった。大大好きだった。大大大好きだった。みんな大好きすぎる。
「忘れ物もうないよね」
このフレーズ大好きなんですよ…これ生で聴かされて。終始ぼろっぼろ。曲を楽しむ間もなく(w)泣いて、泣いて泣いて曲が終わる。
あやちも感極まっちゃって。みんなの愛を感じた。

この空気のままで、最後の曲。
最後…。最後は…放課後ティータイムのデビュー曲ともいえるあの名曲。
「ふわふわ時間」
楽器を再び構えるHTTのみんな。原曲よりワンテンポ遅くスタートしたふわふわ時間。涙を拭って、しっかり合いの手も入れる。
合いの手入れてるときも、愛生ちゃんが歌ってるときも、みんなが演奏してるときも。
レフティベースなのにガンガン低音響かせて、みんなを支えるぴかしゃ。ドラムでみんなを支えながら、コーラスをばっちり入れるしゅが。目立ちこそしないけど、自分の役割をしっかり知った上でしゃしゃり出すぎない程度をしっかり見極めて演奏している美菜子。サポーターが必要なぐらいに腕いためて、それでも一生懸命ギターを搔き鳴らすあやち。
そして、みんなをガンガン引っ張っていく我らがリードギター。ボーカル。アニメの唯みたいにキラッキラ輝く愛生ちゃん。
画面の向こうで見た放課後ティータイムがそこにいた。
ふわふわ時間なのに、いや、ふわふわ時間だからこそ泣けたのかな。
アニメ第1期の文化祭では、不完全というか、初々しいというか、そんな演奏だったのに、成長してるんだな…キャラと一緒に声優さんも、みんな成長してるんだなぁ…と感じられる演奏でした。

終わっちゃって、終わっちゃったままで、みんながステージから消える。
会場からアンコールが湧く。しばらく続けて、5人が戻ってくる。
オルゴールのサウンドが響いて、「NO,Thank You!」すっかり涙はぬぐい去りました(`・ω・´)ふんすっ!
めっちゃカッコよかった。ぴかしゃの美声!イケボ!やっばい…やっばいぞー…
しっかり「No,Thankyou!!」も叫べた!

そのノリで「Utauyo!!MIRACLE」キター!!!
大好きなキャラのリウム(一番最初に折った奴w)を右手に、唯スピン、スピン、スピン!!
ぶんっぶん振りまわして踊りました
というかこんなに難しい曲をよく歌ったな愛生ちゃん…すごすぎる。というか可愛かったw

また去っていくHTT。アンコールの声。
舞い戻ってくるHTT。サブズはまだか?サブズはまだk(ry

懐かしい曲、始まりの曲、ということで始まったのは「Cagayake!GIRLS」
あまりの懐かしさにまた涙ががが…これもちゃんと合いの手バッチリでした、「Non,non,non!!」
そのあとに流れで「Don't say "lazy"」
この二曲もみんな弾いてたのかな…弾いてたっぽかったけど…。
懐かしすぎてヤバイ。そしてやっぱりカッコいい。ぴかしゃも愛生ちゃんもカッコいい。素敵、可愛い。リアルに唯と澪だよ。
これで最後だから!と言い残してまた去る。
しかしアンコールがかかる。

時間がだいぶ経ってから、ステージに取り付けられた広い階段みたいなところから全出演者が降りてくる。そして整列して、マイクを構える。
すっかり教師モードに戻ったアサ姉がグランドピアノの椅子に座って、校歌の前奏を奏でる。ピアノの音が静まり返った場内に反響する。
画面に校歌の歌詞が表示されて、会場内全員で「桜が丘女子高等学校校歌」の大合唱。もう感動でしたね。
というかね!円ちゃんと依子が校歌歌ってるーよ!歌ってるよ!うおおおお二年生の校歌とかここでしか聴けねえええとか思ったのにみんなの大合唱と、自分も歌っちゃってるから聴くヒマなし!w
円ちゃんと依子と知夏とアサ姉で校歌歌ってCD出してくれ!買う!


ここでMCというか、出演者みんなが一言ずつ。なので私も一言ずつ←


悠さんカッコいい!あれだけで出番終わるのは惜しいです…。クールです。
悠さんは本当に、外見だけじゃなくって中身までめちゃくちゃカッコいいです。
あれほど「Cool」という言葉が似合う方がいるとは思わなかった。
紀美さん好きになりました。ありがとう。

アサ姉愛してる愛してる!年上としてみんなを見守ってる感あってすごくよかった…ラヴっっ!
アサ姉がさわちゃんだったおかげで、苦手だったデスメタルの偏見も消えました。全部取っ払ってくれました。
アサ姉の声に何度勇気づけられて元気になったか。
私の今の「声優」という夢への本気度というか…「声優になるぞ!」って想いを更に更に強く、濃くしていってくれた方です。
ピアノもパフォーマンスも。すべてにおいて全力のアサ姉が大好きです。
世界で一番尊敬しています。ありがとう。

依子っ…テンパっちゃってる依子が可愛くて仕方なかったよ。
純ちゃんがレギュラーになって本当によかったと思ってる。
だってそうしなきゃ依子の歌も、こうライブできゃーきゃー騒ぐこともなかったんだもんねw
私が純ちゃん大好きになったキッカケは、依子の歌にあります。てかね、純ちゃんの声優が依子じゃなかったらここまで純ちゃん好きにならなかったかもしれないですね。
去年のライブにいなくって、それでけいおん!ライブに圧倒されたみたいな…びくびくしながらも一生懸命歌ってくれました。ヤケになっちゃったって言い方よくなかったかも…。全力で叫んだね。心からの「大好き」だったんじゃないかな。
私の心にガンと響きました。
等身大の純ちゃんを映したみたいな…本当に感謝しています。ありがとう。大好きです。

知夏の歌唱力は本当にビックリだった。キャラソン聴いたときに圧倒されました。「上手…うっま!!!」みたいなw
もともと和ちゃんの声が大好きで、あんなカッコよくって、「聴いててリラックスできる疲れない声」って、知夏の声の事をまんまあらわしてると思います。
素人さんってきいて「嘘っ!?」ってなったのもいい想い出。
お守りって言って、和ちゃんとおんなじ眼鏡つけてたのもすごく素敵でした。とっても似合ってたよ、知夏!
和ちゃんと知夏…というか、声優さんとキャラって本当に近い距離にいるんだなあ。と、感じました。
知夏大好きだよ!ありがとう!

円ちゃんのファンの方のお話がよかった。
私も、憂の声優さんが円ちゃんでよかったよ!(依子んときとおんなじこと言ってる…)
というかファンの方と同じこと繰り返すことになるけど、円ちゃんじゃなかったらここまで憂好きじゃないかも。
歌唱力もバッチリで、ツイッターとかグリーとかにアカウントがあって、日記、いつも楽しく読ませていただいてます。
普通のフォローさんにリプライ返したり、円ちゃんは本当にファンとの距離が近い。そういうの、すごくいいと思います。
大好きだよ円ちゃん。ありがとう。

あやち。「泣かないぞって思ってたんですけど…」って言いながら泣く寸前だったね。そりゃ泣いちゃうよw
あやちはサポーターに気付いてから本当に…頑張りすぎでしょうって。思ってました。
そうやって全力で取り込めるあやちは、可愛いのもあるけど、それ以上にとってもカッコいいと思います。
短くなっちゃうね…wごめんなさい、サブズの声優さんの方が思い入れがあって…w
久々に、こうやって呼びましょうかね。
あずにゃんの声優は、あやちにしか務まらないよ。ありがとう。

美菜子は年下なのにしっかり者だよね。演奏のときもすごくリラックスしてたし、年下なのにめっちゃくちゃ大人っぽいし。
キーボードも一生懸命練習したんだろうな。歌いながらすらすら弾けちゃう。すごいなあって思ってたけど、美菜子の努力の成果だと思います。
どうしても「年下」ってワードにいっちゃうなあ…w
年上に囲まれてのライブだったけど、美菜子は動じることなくあくまで「放課後ティータイム」の一員としてみんなにしっかりなじんでいました。
バツグンの歌唱力、そして演奏も素晴らしい。雰囲気もふわぁっとしてて、最高です。ムギちゃんが務まるのは美菜子だけですよ。オンリーワンです。
ありがとう!

しゅがのお話、泣きそうになったよ。
しゅがは大人しい子の役をよくやってた、って事をどっかできいたから、りっちゃんのキャラ作りすごく大変だったんじゃないかな…。
でも、ステージに立っていたしゅがは、等身大のりっちゃんでした。
「りっちゃんは二次元の女の子なんだけど、私の中にりっちゃんはいます」
って、本当にグッときた…。ドラムたたいてるしゅがの後ろで「違う違うそうじゃないってー!」って突っ込んでるりっちゃんが見えた気がした…w
泣きそうになりながらお話してたしゅがが印象的でした。しゅがの中のりっちゃんの大きさを実感しました。
ありがとう、大好きだっ!

ぴかしゃ…ぴかしゃのあのセリフが、すっごく、すっっっごく印象的でした。
「今度は私がみんなを支えたいと思ったんだよっっ!!!」
泣きそうになったよぴかしゃ。ぴかしゃは何もかも全力で言ってくれる。演奏するのとか、ライブとか、「怖かった」って本音をぶつけてきてくれて。
芸人とか、そんな呼ばれ方されてるけど、本当にぴかしゃってすごい人だ…。全部全力で本音で本気で。一番頑張ってるんじゃないかなぁ…って思った。
ボーカルの曲もすごく多くて、メインキャラだから期待もされて、キャラに合わせて一生懸命レフティベース弾いて。
全力なぴかしゃに、私も全力でお礼をいいます。
貴女は最高の声優です。ありがとう。大好きです。

愛生ちゃんはすごいよね。キャラクターを丸ごと三次元につれてきたみたいな風貌、あわせて、中身も唯みたいで。
真っすぐで一生懸命で、可愛くてかっこよくって、リードギターとボーカルでみんなをグイグイ引っ張っていって、みんなの事思っていつも最高のタイミングでフォロー入れるし、気遣いがすごいし…。
歌もギターも、みんなへの「大好き」も「ありがとう」も全力で伝えてくれる。
けいおん!の主役が、唯が愛生ちゃんだったからここまでこれたんだよ。数々の社会現象から…w全部全部、愛生ちゃんの力があったから!
すごく短くなっちゃったけど…愛生ちゃんは大尊敬しています!
愛生ちゃん、唯でいてくれてありがとう!


さて…感傷に浸ったところで、オールメンバーによる「Come with Me!!」!
大盛り上がりでしたね!ライブのシメにふさわしい曲。
「一緒になら怖くないよ!」とか、ぴかしゃに愛生ちゃんが言い掛けてるみたい←
合いの手も、各自のソロパートもみんな素敵で、アサ姉が普通に歌うと思ったら鎖輪固になったりw
やっぱりソロはすごく素敵だった。依子っ!依子っ!←
歌い終わったあとに、二年生組が肩寄せ合ってたのがすごく印象的だった…!だった!見間違えじゃないよね!?あやち、円ちゃん、依子で集まってた。あれすごくよかったなあ…。
というかお話のときの依子が感極まってちょっと泣きそうにry あ、Come with Me!!の話だった…すっかり純モードに入ってた…
みんなの気持ちががっつり一箇所に集まったみたいですごく嬉しかったです!そして楽しかった!

みんなが去って、ライブが終わる。素敵でした。本当に。
人生でいっちばん楽しい時間でした。こんな経験、二度とできないんだろうな…。

愛生ちゃん、ぴかしゃ、しゅが、美菜子、あやち、円ちゃん、知夏、依子、アサ姉、悠さん。
そしてスタッフのみなさん、関係者のみなさん。
京都アニメーションのみなさん、監督さん、かきふらい先生。
曲に携わる方々、というか作品にかかわる皆様。
合いの手とかリウムの振り方とか、すっごく楽しかったです!名前も知らないファンの皆さま。
チケット譲ってくれたフォロワーさん、私の奇行に付き合ってくれた妹、ライブの費用とか色々世話してくれたお母さん、おばあちゃん、おじいちゃん。
みんなみんな、ありがとー!大好きをありがとー!

さいっこうの想い出をありがとう!けいおん!、大好きー!!



すっっっっっっごく余談ですが、お花の贈呈みたいなとこにあった「鈴木純ファンクラブ」が気になりすぎるんですがどこ行けば入会できるんですか!!?←
スポンサーサイト

△page top

この記事に対するコメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fujimuku.blog88.fc2.com/tb.php/816-66f7bb97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。